ハイレイヤー切り方!カット講師が3ステップでわかりやすく解説

今回は、ハイレイヤーの切り方を3ステップで簡単に作れるようにまとめました。ハイレイヤーの切り方がわかるだけでなく、束感の出る質感調整についても解説しています。

是非、カット技術の向上に役立ててください。

ハイレイヤー切り方動画


安澤 智美

ご覧いただきありがとうございます。日本カットアカデミーの安澤です。

ウルフで学ぶ!ハイレイヤー切り方3ステップでスタイルが作れるRPC理論®でカットしています。

※RPC理論®は日本カットアカデミーが考案したカット理論です。3ステップでショートからロングまであらゆるスタイルを簡単に作ることができます。

3ステップとは次のステップです。

STEP① アウトラインをカットする
STEP② RP®を中心に放射状に段を入れる
STEP③ コーナーチェックをする
※RP®・・・ルーツポイント。髪を自然にとかし下した時の後ろの正中線上の表面の髪の毛。

動画でハイレイヤーを解説していますのでご覧ください。

RPC理論を習得したい方、他のスタイルも学びたい方は下記のオンラインサロンで学べます。

ハイレイヤー切り方のポイント


安澤 智美
今回のハイレイヤーのポイントは次の2つです。

ポイント① 顔まわりの短めレイヤー×後ろの重めウェイトで中性的な雰囲気を

今回は顔まわりは短めなレイヤーを入れていることに対して、後ろは中間の位置にボリュームを持たせることで、中性的な印象を演出しています。

なぜなら、正面や横から見たときの短く切り込まれたラインや、段差の幅が広くボリュームの位置が高いスタイルはマニッシュでカッコいい印象を与え、後ろのラインはサイドに比べ段差の幅が狭く、ボリュームの位置が低めなスタイルのため女性らしい印象を与えるからです。

ハイレイヤー切り方

顔まわりのスッキリさの対して、後ろは同じように短い段が入っていない為、カッコよさと女性らしさを兼ね備えた中性的な雰囲気を出すことができます。


安澤 智美
もみあげの長さ設定を長めに残すと、ナチュラルなウルフスタイルになります。
また、RPも短めに設定すると全体的に段差の幅のあるハイレイヤーのデザインになり、ロックなイメージのウルフスタイルになりますよ。

こういった印象の理論を知っていると、提案やデザインの幅が広がります。印象の理論を詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

参照:「初心者必見!2つの理論でスタイル提案ができる!美容師 提案力とは」

ポイント②ウィービングスライドで束感のある動き

ウィービングスライドで毛量調整をすることで、束感を出します。

なぜならウィービングスライドは、1パネルごとに束ごと毛量を削るため、空間が出来ることで髪の毛が立体的に動きやすくなるからです。

セニングのみの毛量調整に比べて、ウィービングスライドは束感・立体感という動きをプラスすることが可能です。

ハイレイヤー切り方


安澤 智美
ハイレイヤーのような段差の幅の広いデザインは、
段が入ることで軽さと動きが出ますが、
ウィービングスライドで毛量調整することで
より髪に動きのある表情を作り出すことができますよ!

 

スライドカットを修得すると、毛量調整、質感調整の幅が一気に広がります。
スライドカットについて詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

参照:スライドカットやり方が分かる!スライドカット講習

今回のハイレイヤーのレシピ

■STEP1 アウトラインをカットする

バング(小顔バング
長さ:目と鼻の間
幅:3cm
ライン:床平行
サイド
SB:BCから床平行
MA:肩上3cm

SB→サイドバック。耳後ろの、サイドの終わりとなる髪の毛。
MA→もみあげ。

バック
BC:肩下5cm

BC→バックセンター。バック正中線上の、生え際の髪の毛。

■STEP2 段を入れる

RP®:顎下に降りる長さ

RP→ルーツポイント。髪を自然にとかし下した時の後ろの正中線上の表面の髪の毛。

■STEP3 コーナーチェックをする

バック:直線
フロント:丸み

■毛量調整

全体:毛先3分の1にウィービングスライド
毛先:毛先3cmにチョップカット
   アウトラインは毛先3cmにセニング

RPC理論を習得したい方、他のスタイルも学びたい方は下記のオンラインサロンで学べます。
参考:「日本カットアカデミーオンラインサロン」(準備中)

どんなスタイルも、迷わず切れる

このRPC理論®を学ぶことで、
色んなスタイルを簡単に作れるようになります。

その理由は、カット理論を体系化しているからです。

通常カットはスタイリストが100人いたら100通りの切り方があるくらい、人によって切り方が異なります。

そんな切り方が異なるカットを、日本カットアカデミーでは、わかりやすく3つの理論に体系化して集約しましたその3つのうちの1つがRPC理論®です。

体系化されているので、どんなスタイルでもスタイルの作り方がわかり、自分で考えてスタイルが作れるようになります

この機会に是非、アカデミーの体系化されたカット理論を学んで、自信をもってカットできる自分を手に入れませんか?

理論を学ぶ2つの学び方 

日本カットアカデミーでは、次の2つの学び方があります。

・オンラインカットコース
・対面カットコース

オンラインカットコース

オンラインカットコースは、あなたに合わせて、マンツーマンでしっかり学べるコースになっています。

なぜしっかり学べるかというと、オンラインを基本に、あなた専用の講師がついてマンツーマンで学ぶことができるからです。

基礎~応用はもちろんのこと、トレンドスタイルやカウンセリング実習、訪問美容のカットなど、カットの全てを学ぶことができます。

詳細は下記をご参照ください。
参考:「今ならお試し体験実施中!オンラインカットコース詳細」

対面カットコース

対面カットコースは、短期間でカットを学べるコースになっています。

複数人のスクール形式で学ぶコースで、基礎から応用までを最短7日間で学ぶことができます

詳細は下記をご参照ください。
参考:「今ならお試し体験実施中!対面カットコース詳細」

コメント

自分に合ったスタイルで学べる
2つの講座

カット技術が自分のペースで
いつでも手軽に学べる
こんなお悩みはありませんか?
  • カットスキルを学び直したいけど時間が・・・
  • ブランクを解消するために1からカットスキルを学び直したい

現在カット技術をオンラインで
効率的に1から学べるオンライン動画を開講中!
オンラインで効率的にカットスキルのアップが可能です。

オンライン講座の詳細を見る
最短7日でプロに1からカット技術を学ぶ!
こんなお悩みを抱えていませんか?
  • スタイリストとしてスキルアップしたい
  • カット技術の
    ブランクを埋めたい
  • 社員のスキル向上を図りたい

体系化された理論を最短7日で学べるので
スタイリストとして様々なスタイルの切り方を
基礎から学び直す事ができます。

カット講習スクールの詳細を見る
髪型を見ただけで展開図が
イメージできるようになるオンライン動画